ごあいさつ

母と子が共に集える、街のみなさまのクリニックに

今から約30年前の1988年、金沢市の南部地区及び野々市町(現在の野々市市)の方々へ自分の理想の分娩、医療を提供したいという想いを胸に、光が丘の高台の当時は何もなかった場所に「杉浦クリニック」を誕生させました。

私は金沢医科大学准教授からの転身で、不安と希望を抱えながら当院を開業いたしました。産婦人科クリニックとしては今では当たり前になっているサービスを金沢では先駆けて行い、画期的な様々な取り組みをしつつ患者さまと向き合いながら、最高の診療を行ってまいりました。

お産は人生最大のイベントです。これまで数多くの出産に携わってきたことを誇りに思っています。当院で生まれた赤ちゃんたちが月日を経て成人し、また再び当院で分娩していただいているという幸せも感じています。

今後も皆様にご満足していただける、金沢市、野々市市の地域に根ざしたクリニックとして、副院長をはじめとした全スタッフ一丸で頑張っていきたいと思っています。

ページトップへ戻る