不妊治療

不妊は様々な原因で起こります。原因不明な場合もあり、原因検索を行うことが非常に重要です。

妊娠するために

妊娠に至るためには、いろいろな器官が正常に働いて、良いタイミングで受精する必要があります。
以下の図にその概要を示します。

妊娠の図解
  1. 卵巣の中に成熟した、卵胞が発育
  2. 育った卵胞が、適切なホルモン分泌により飛び出す(排卵)
  3. お腹の中を漂っている卵胞をキャッチして、卵管内を通過し受精
  4. 受精卵が、成長した子宮内膜にくっつく(着床)
  5. 元気な精子
  6. 精子が入りやすいように、粘液が増加

必要な検査、治療

基礎体温、ホルモン測定、超音波検査による排卵のチェック

生理不順の方や生理にまつわるトラブルが多い方は、排卵や子宮内膜の成長がうまくいっていないことがあります。多くは女性ホルモンの乱れによるものです。必要に応じて、排卵誘発やホルモン補充を行い、適切な排卵時期を推定しながら、超音波検査による卵胞発育の状態や、子宮内膜の状態を観察します。

卵管の通過性

卵管は卵胞が通過し、受精が行われる妊娠にとって非常に大切な器官です。腹部の炎症、子宮内膜症や感染症によって癒着がある場合には不妊の原因となりやすい部分です。

卵管造影検査 (HSG)
妊娠の図解

卵管造影検査 (HSG)を行うことで卵管通過性を検査できます。子宮内から造影剤を入れて、卵管がしっかり通っているかを調べます。
また、検査という側面だけでなく、造影剤の投与により卵管の通過性が向上します。卵管造影後しばらくして、妊娠に至るケースは少なくありません。
(生理後〜排卵前の時期に行います。事前の診察が必要です)

精子検査

当院指定の容器をお渡しいたします。精子採取後2〜3時間以内に持ってきてください。詳細は外来にてお伝え致します。
(当院内には精子採取室はありません)

当院では「体外受精」は行なっておりません。当院での検査結果や治療効果により、体外受精専門施設にご紹介させていただいています。

男女産み分け

基本的には、男女の産み分けは難しいとお考えください。
ご希望の方には、正式な産み分け研究機関である「SS研究会」にて製造されている「ピンクゼリー」「グリーンゼリー」を販売しております(基本的に医療機関でのみ入手可能なものですので、偽造品にご注意ください)。
男子希望の方には「リンカル」の処方もいたしておりますので、お申し付けください。

ページトップへ戻る