無痛分娩

痛み・ストレスなく元気な赤ちゃんが産める
「無痛分娩」による自然分娩

無痛分娩とは

無痛分娩とは硬膜外麻酔法を用いた、陣痛による過剰な痛みだけをなくした自然なお産です。安楽なお産や産後の早期回復が可能となります。

無痛分娩と和痛分娩

「無痛分娩」は和痛分娩とも言われますが、両方とも同じ意味の言葉です。
当院では無痛分娩という言葉で統一しています。

出産の痛み

無痛分娩の登場までは「陣痛」という女性が人生で経験する最大の痛みを通過しないと、赤ちゃんを産むことはできませんでした。
陣痛は赤ちゃんを産むための子宮の収縮に伴って起こります。
初産の方で10〜12時間、経産婦さんで5〜6時間もその痛みに耐えて、初めて分娩台に上がって赤ちゃんを産むことになります。

理想的な「自然分娩法」

子宮の収縮は赤ちゃんを産むためには必要ですが、痛みは必要ありません。
つまり陣痛の痛みはお母さんを苦しめることはありますが、お産の助けにはなりません。「少しお腹が張っているな」という感覚が残っていれば良いのです。

それを可能にする方法が、硬膜外麻酔という麻酔法を用いた「無痛分娩」なのです。自然なお産の流れの中で、必要のない痛みだけを取り除き、余力を残しながら普通に赤ちゃんを産んでいただけます。
赤ちゃんが通ってくる感覚はありますし、お母さんも無理のない程度には頑張らなくてはいけません。単純に過剰な痛みのない普通のお産だと思ってください。

当院において過去、無痛分娩で痛みが取れなかったという方はおられません。
お母さんが無理せず良いお産をするための、とても有用な医療技術なのです。

副院長 杉浦 聡一郎

副院長杉浦 聡一郎

無痛分娩の流れ

  1. 陣痛が始まり、痛みが強くなってきたら一度診察を行います。
  2. 子宮口がある程度開いていたら、無痛分娩を開始します。
  3. 痛み止めをしてから、背中に特殊な針を入れます。
  4. その後、針から細い管を入れ、痛み止めの薬を投与していきます。
  5. 分娩の進行や痛みの程度に合わせて薬の注入量を調節します。

多くの病院では陣痛を点滴によって人工的に引き起こし、自然な陣痛がくるのを待つことなく無痛分娩を行なっています。
しかし当院では特に問題のないほとんどの方は、自然な陣痛が起きるのを待ちます。無理な陣痛の誘発は様々な弊害があるからです。

ご自宅で「陣痛が来たかな?」と思ったら、来院していただきその時の状態によって無痛分娩の開始時期を決めます。以下の状態であれば麻酔を行います。
● 痛みがもう我慢できない
● ある程度、子宮口が開いて来た

麻酔は硬膜外腔というところに麻酔薬を投与する「硬膜外麻酔」という方法を用います。
ベッドに横になっていただき、腰の少し上あたりに特殊な針を使って、細いチューブを入れます。そのチューブからゆっくりと麻酔薬を投与していきます。

硬膜外麻酔は背中の太い中枢神経近くに、麻酔薬が作用することで痛みの感覚だけをブロックします。お産のためには、ある程度下半身に力が入る必要がありますので、当然足は動きます。

麻酔自体は、少なくとも10分以内で終わりますのでご安心してください。
細い針を用いて、痛み止めをしてから硬膜外麻酔を行いますので、麻酔行為自体での背中の痛みはほとんどありません。

適切な場所に、適切な量の麻酔薬が作用すれば「麻酔が効かない」ということは、無いと言って良いでしょう。さらに硬膜外麻酔の場合、足の痺れる感覚はあっても「足が動かない」ということもありません。
効果がない場合は、チューブが入っている場所が違っているか、適切な量の麻酔薬が入っていないかのどちらかです。当院ではその効果を確実に確認し、副作用が起こらないかを慎重に観察しながら行いますので、ご安心ください。

その後は、自然に赤ちゃんが下がってくるのを待ってお産に臨みます。

背中に入っている麻酔のチューブは、赤ちゃんを産んだ後の後陣痛を取り除くためにしばらく入れておきます。大抵は翌日チューブを抜いて、普通に過ごしていただけます。

当院における無痛分娩のポイント

「無痛分娩」はこのような方におすすめです。

  • 痛みのストレスが負担になっている方
  • 陣痛に対する不安が強い方
  • 前回分娩時、苦痛が強かった方
  • 高齢出産のため産道の柔軟性が弱い方
  • 高血圧の方、心臓に負担をかける事が好ましくない方

point.1硬膜外麻酔症例数4000例以上

当院副院長の杉浦聡一郎は産婦人科医を志す以前は、麻酔・集中治療を専門にしており、麻酔科認定医資格も有しております。金沢はもとより、石川県下で最も安心・安全性の高い無痛分娩法の出産をしていただくことができます。

point.2自然な流れでの無痛分娩

無痛分娩を計画分娩で行う施設が多いのですが、当院は計画分娩ではなく、個々の患者様の分娩進行に応じて無痛分娩を行っております。

他の病院の無痛分娩

無痛分娩を行っている多くの病院は、出産予定日を決め、陣痛促進剤などの薬剤を使用して、その上で無痛分娩を施行する計画分娩であることが殆どです。

杉浦クリニックの無痛分娩

当院では、自然に陣痛が始まるのを待ち、分娩の流れの中で希望や必要に応じて無痛分娩を施行します。安全なお産をするために、必要のない「痛み」のみを取り除くことを目的にしています。

point.2事前の予約なしでも大丈夫

陣痛が来て、分娩経過中でもご希望があれば無痛分娩でご出産いただけます。

状況により、行えない場合もあります。

point.2医療用麻薬は一切使用しません

ほぼ全ての無痛分娩を行なっている施設では、その投与する麻酔薬の中に、より効果を出すために医療用麻薬を用います。しかし当院では、医療用麻薬を一切使用することなく、痛みを取り除くことに成功しています。

無痛分娩Q&A

初めてのことに不安や疑問はつきものです。
こちらでは、みなさまから寄せられたよくある質問にお答えします。

質問
痛くないお産でも良いのでしょうか?
答え
過度の傷みは、お産の妨げになります。
痛みがなくリラックスする事でスムーズなお産が期待できます。
質問
無痛分娩と和痛分娩の違いは何ですか?
答え
基本的に同じ意味です。
ただし、完全無痛ではなく、ある程度いきむ感覚を残しますので、少しの痛みは感じるかもしれません。
質問
硬膜外麻酔で赤ちゃんに影響はありますか?
答え
ほとんどありません。むしろ赤ちゃんの状態が良くなるという報告もあります。
質問
硬膜外麻酔に危険はありますか?
答え
まれに血圧の低下や、軽い吐き気などが起こりますが、
十分安全に配慮して行い、何かあれば迅速に対応しますので、ご安心下さい。
質問
硬膜外麻酔の後は歩いたりできますか?
答え
基本的に、軽い足の痺れがありますのでベッドの上で安静にして頂きますが、
麻酔終了後1〜2時間ぐらいで普通に歩けるようになります。
質問
無痛分娩の簡単な流れを教えてください。
答え
当院では分娩の進行に合わせ、無痛分娩を行います。
痛くなり始め、子宮口がある程度開いたら、無痛分娩を開始していきます。
質問
陣痛が弱くなっても、お産は大丈夫ですか?
答え
痛みが緩和され、お母さんの力みが軽減されるので、むしろ分娩が早く進みます。
ただし、必要に応じて陣痛促進剤を使ったり、吸引分娩を行う事もあります。
質問
費用はどれくらいかかりますか?
答え
東京や大阪での都心部では通常分娩費用プラス10万円くらいですが、
当院ではプラス58,000円となります。
ページトップへ戻る