患者様の声

とても温かくお産ができ感謝しています

無痛分娩にしよう!と思い始めたのは妊娠してからすぐになんとなく考えていました。今回の出産は第二子ですが、一人目は普通に出産しました。

とても安産と言えるお産ではなく28時間かかり、あまりの痛みの強さに私の中では「お産」=「恐怖」となってしまいました。あの痛みをまたしなくてはいけないのなら、妊娠するのは怖いなぁと思っていました。

先生に無痛分娩にしてみようと思う相談をし、お話を聞いてからはドキドキしましたが、前回よりは安心してマタニティーライフをすごせたように思います。「痛みはだいぶなくなるよ」との説明に「本当だよ!大丈夫」と自信満々に先生が言ってくれたのが私の安心につながり良かったです。

実際に無痛分娩をしてみてですが、本当に麻酔をしてもらってからは痛くなかったです!

麻酔をするのは子宮口が4cmくらい開いてからと事前に聞いていたので、それまでは陣痛にがんばってたえました!少し痛くなってきたなー、と思っている時は「子宮口はまだ1cmだねー」と言われてから1時間経つと本格的に痛くなり、みてもらうと4cmくらい開いていたので麻酔の準備となりました。

麻酔は痛いのかな?と不安もありましたがなんだかわからず、腰に少し感覚があることくらいです。麻酔をしてもらってから次の陣痛だけは痛かったですが、その次の陣痛からは本当に痛くなくなり「陣痛がくるー」という怖さがなくなりました。私にとってはそれだけでとても助かり、楽になったのを覚えています。

その後も痛みがきているという感覚はわかりますが「今、きてるのねー」という感じです。

いきむときも赤ちゃんを出すときも全て感覚はありますが、麻酔をしていないお産とは比べものにならないくらい痛くなく、そのおかげで、赤ちゃんを出すぞ!という気持ちに集中でき安心なお産ができました。

痛みにとても弱く、怖がりで、お産に不安が強かった私にはとても無痛分娩はあっていたと思います。

いろんな病院のお話をききますが、杉浦クリニックの無痛分娩が痛くないというのは本当でした!経験者として、いいですよ!と声をあげたいです。

石川県に先生のような方がいてくれるのはとても安心でめぐまれているなと思います。陣痛中も助産師さんに支えられ、とても温かくお産でき、感謝しています。

ページトップへ戻る