患者様の声

無痛分娩の選択をしてくださった先生、 スタッフの皆様に心から感謝いたします。

O.Sさん

先日、3510グラムの元気な女の子をこちらで出産しました。
明け方はじまった陣痛に、もうすぐ赤ちゃんに会える!と楽しみな気持ちで入院しました。
しかし、なかなか進まないお産。あんなに楽しみにしていたのに、だんだんと不安になり、私に産めるのか、耐えられるのか…と体力も気力も無くなり
一夜明けた院長先生の診察の頃には、気持ちを強く持てなくなっていました。
そんな私に院長先生は無痛分娩のお話をして下さいました。
長い長いトンネルに光が見えた感じがして、一度くじけた気持ちが先生の早急なご判断と対応に再び持ちなおす事が出来、それまでの不安が一切無くなりました。
かけつけて下さった聡一郎先生も院長先生も笑顔で、分娩室に入る頃にはもともとの目標だったピンクベビーで我が子を産んであげたい!という、気持ちも取り戻す事が出来ていました。麻酔をしていただき、気力を持ちつつリラックスしたおかげか、そこからは本当にスムーズにお産が進み、呼吸を意識し3時間ほどした頃、びっくりするくらい元気な産声をあげたピンク色の赤ちゃんと対面となりました。
赤ちゃんが出てくる感覚もしっかりと味わう事が出来、私にとって大満足のお産となりました。
無痛の選択をして下さった院長先生、麻酔をして下さった聡一郎先生、本当にありがとうございました。
幅広い視野でお産をする事を教えて下さった杉浦クリニックに心から感謝いたします。

ページトップへ戻る